0859-32-2525 chiro@nco.co.jp

生理痛・生理前症候群

カイロプラクティクは生理前症候群(PMS)に効果がありますか?
生理痛にはどうでしょう?
こんな問題にお困りの多くの女性が中塚カイロを訪れて居られます。
ちょっと不思議に感じられる方もあるのではないでしょうか。

婦人科の問題に効果があるの?
そんな疑問を持たれる患者さんはたくさん居られます。
普通、腰痛や肩こり、頭痛やしびれなどに効果があると思われても、生理痛に効果があるとまで思われる方は少ないでしょう。

生理の2週間前から生理が始まるまでいろいろな問題で悩む女性が非常に多いです。
生理の最中もつらい思いをする方は多くあります。

症状には下腹部の痛み、イライラ、頭痛、乳房の痛み・張り、肩こり、吐き気、腰痛、むくみ、便秘、下痢、倦怠感などがあります。
学校や仕事を休まないではいられないほど辛くなる方もいらっしゃいます。

 

なぜこういう症状が起こるのでしょうか?
生殖器には、卵巣、卵管、子宮などの臓器があって、正しく機能するためには脊柱からの神経がきちんと働かなくていけません。
この神経が正しく働かないことが多くの問題の原因と言っても過言ではありません。
水道にホースがつないであり、その先に花が植えてあると想定してみてください。
ホースを誰か踏んで水が流れなくなるとその先にある花は枯れてしまいます。
花が問題なく育つようにしようと思えば、踏んでるホースの水の流れを直してやる必要があります。

カイロプラクティックのアプローチ

カイロプラクターは婦人科の専門ではありませんが、そのアプローチは非常に重要です。
カイロプラクターは神経の流れを妨げる脊柱の状態を正しく矯正する専門家です。
残念ながらこれは薬では出来ません。

生理痛のある人が、首の痛みや腰痛もあるというのは珍しくありません。
ある研究では122人の生理痛で苦しむ人のうち、ほとんどに腰痛や背骨の歪みがありました。
生理痛や上に書いたような問題で悩む人が、腰痛をカイロプラクティックで見てもらって良くなるとともに生理痛やほかの症状も改善しました。

神経の流れが妨げられると筋肉骨格にいっている神経の場合には首の痛みや腰痛、臓器にいっている場合には生理痛や生理前症候群などの原因になるのです。

カイロプラクティックはその発見からずっと生理痛や生理前症候群に悩む方々の光になってきました。

薬では症状を抑えるだけで、根本的な治療にならないのです。
それだけではなく、副作用が起こることもあるのです。
特に筋肉骨格系の問題を同時に持つ人にとって、副作用で軟骨の形成をさまたげるようなことがあれば、良くなるよりもむしろ問題をさらに深刻なものにすることもあるのです。
その根本原因となる問題の解決をしない限り、いつまでたっても同じことを繰り返すことになります。

自然で、薬を使わないカイロプラクティックのアプローチを是非試してみてください。
もうつらい時を毎月のように我慢するのはやめませんか。

ニュースレター113号生理痛

 

Translate »