0859-32-2525 chiro@nco.co.jp

理想の運動時心拍数を導き出す『新180公式』

トレーニングで一番難しいのは、自分がどんなトレーニングをしているか自分で理解することです。 自分では軽いトレーニングと思っていても、風邪を引いているだけでハードなトレーニングになっていることもあるからです。 ハートレートモニターで適した運動時心拍数を知ることが大切です。 一般によく使われる方法はトークテスト(※1)や220公式(※2)が使われます。 ここで紹介する『180公式』はこの両方に取って代わるものです。 トークテストも220公式も多分こうだろうと考えているレベルで、あまり正確とはいえません。...

エアロビックベースを作り上げる

多くの人が実はトレーニングによってスポーツ障害に苦しんでいると聞くと驚かれると思います。 スポーツ障害を起こさないために、私が日本に紹介したマフェトン理論の根幹を成すエアロビック(有酸素系)トレーニングについて、押さえておきましょう。 人間が運動するときにはエネルギーを必要とします。 通常このエネルギーはほとんどを脂肪または糖質(血糖)を燃やして得ています。 その中でも、エネルギーの多くを脂肪から得ている状態をエアロビック、糖質から得ている状態をアネロビックと呼びます。...
Translate »