腰のサポーターをする前にカイロプラクターに相談しよう

腰のサポーター 腰痛特集

痛みが出てサポーターを使おうと思われる方はたくさんおられます。腰が痛くなってサポートするためのベルトやコルセットを使われた方もあるでしょう。こういうベルトやコルセットは無意識に使っておられる方があります。中には装着方法が間違っていたり、サイズ合わせのミスがあったりして、逆に悪くなる方も少なくありません。せっかくよい物であってもうまく使わなければ意味がありません。今回は腰のサポーターについて書いてみたいと思います。

腰のサポーターを使ってみようかと思うんですが、どれが良いか悩んでしまいます。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

30万人の施術実績のある中塚カイロプラクティック研究所代表の私がご説明しましょう。

腰のサポーターは?

腰のサポーターはいろいろな種類があります。目的もそれぞれ違います。目的をよく知っておくことはとても大切です。保温を目的とするもの、筋肉骨格のサポートのためのもの、腹圧をたかめる目的のものなどあります。それぞれタイプも違えば、効果も違いますから、自分が思っているような働きをするかどうかわかりません。きちんとそれを確認して購入したいものです。中には家にあったからと使われる方もありますが、極めて危険な使い方といえるでしょう。

保温を目的としているタイプは、比較的柔らかで、締め付ける感じは少ないです。腰の悪い人は腰の血流が悪いですから、温めることによって血流促進が目的です。

筋肉骨格サポートのための物はワイヤーが中に入ってるようなタイプで、筋肉を使わなくてすむので痛みを感じないですみます。また不安定な骨盤を安定するように固定してくれるタイプもあります。

腹圧を高めるタイプは、重い物を持つときに腹圧を高めることによって、腰だけに負担がかからないようにすることが可能です。

腰のサポーターをする危険

保温を目的とするようなタイプは腰に炎症が起こっているようなときにはNGです。余計ひどくなることもありますので気をつけたいですね。

筋肉骨格サポ-トのためのサポーターはつけていると痛みを感じにくいですが、動きを妨げるために、仕事をするには向かない場合があります。また、楽だからと長期間装着していると筋肉が落ちて、つけないでいることが出来なくなります

骨盤を安定させるタイプは、締め方を強くしすぎる傾向にあり、股関節を動かなくしてしまうことがあるので注意が必要です。

腹圧を高めるタイプはかなり締め付けるので、血行が悪くなる可能性があります。着用するときは、限られた時間にとどめることが必要でしょう。

いずれのサポーターも夏の間は蒸れる傾向にあるので、かぶれたりしないように注意する必要があります。

迷ってしまいますね。

腰のサポーターをする注意

腰のサポーターをつけようと思うときには、自分の問題が何かをよく知っておくべきです。腰のサポーターでも種類があるように、腰痛も種類があり、同じように扱ったのでは得たい効果を得ることが難しいです。

注意が必要なのは内臓の問題で腰痛が起こるときです。そういう場合には、痛みが楽になる姿勢を見つけることが出来ません。楽な姿勢が見つかるようであれば、サポーターもよいかも知れません。もし楽な姿勢が見つけられなければ、早急に医療機関を訪問するべきです。熱があるときや原因不明の痛みが出てきたときも危険です。通常の腰痛は必ずきっかけがあるものです。例えば、中腰になった瞬間に痛みが出たといったような腰に負担のかかるような状況の後に腰が痛くなります。ですから理屈に合わない痛みが出る時は要注意です。理屈に合わない痛みとは寝ていたのに痛みが出たなどというようなときです。また、排便や排尿のコントロールが出来ないといったような状況も一刻も早く医療機関に行くべき症状です。そういうときにはサポーターでごまかそうなどと考えてはいけません。

腰のサポーターを必要とするときの対処法

腰のサポーターが必要なときには、まず原因を考えるべきです。なぜなら、サポーターは問題を解決する物ではなく、あくまでサポートしてくれるものだからです。痛みを抑えたり、予防したりするといった意味で使う物です。何が原因で腰のサポーターが必要になっているかを考えてみるべきです。最初はライフスタイルです。睡眠や食事、仕事や休みの状態はどうでしょうか?ストレスになるようなことが続いていませんか?次は姿勢習慣です。仕事の姿勢やのんびりしたときの姿勢が変な姿勢になっていませんか?そういう不良姿勢の積み重ねが腰痛の原因になっている場合が非常に多いです。

一つ非常に効果的なのは腰が痛いときに椅子を背もたれが背中でなく胸の方に来るように座ると楽になるときがあります。このときには骨盤のベルト(大転子ベルト)が非常に効果的です。骨盤の上に閉めると即座に痛みが改善することもあります。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

原因を考えることが大切です。ライフスタイルや姿勢習慣を考えてみるとどうすれば良いかわかる場合もあります。

カイロプラクティックはどのようなアプローチ

カイロプラクティックはライフスタイルや姿勢が原因の腰痛についてのスペシャリストです。腰痛の非常に多くがライフスタイルや姿勢が原因です。ですから、スペシャリストの考え方や検査を受けることはとても益になります。カイロプラクターは姿勢分析や筋力検査、整形外科検査、神経学検査、カイロプラクティック検査を通して、体を分析します。関節の配列異常や関節の動きの異常であるサブラクセーションを見つけて、それを矯正します。このサブラクセーションはマッサージや薬や鍼では取り除くことが出来ません。カイロプラクターはサブラクセーションを取り除くスペシャリストです。それをカイロプラクティックの施術で取り除くと多くの場合にはサポーターは必要なくなることでしょう。

30歳会社員女性DさんのケースDさんは妊娠して腰が痛くなって産婦人科で勧められた腰のサポーターとして骨盤ベルトを着用されていました。だんだん股関節が痛くなってしまいました。歩くと痛くなって痛くなったので来院されました。

Dさんは初めての妊娠。いろいろなことに非常に神経質になっておられました。つわりも結構ひどかったので、食事が余りとれず体重が増えないといわれました。もともと華奢な体つきをしておられる方で、デリケートな感じの方でした。体力もあまりない方なので、お腹が大きくなるにつれて腰が痛くなったといわれました。ベルトをするようになったら特に股関節が痛くなったそうです。仕事も体調が悪くて休むことが多く、家のことも出来ないのはストレスになっているようでした。

腰椎は過前弯になっていて、さらに右の側弯がありました。右の骨盤は不安定になっていました。だから骨盤ベルトは効果的なはずなのにそれを着けるようになって余計に悪くなったといわれます。そこで実際に装着してもらいました。するとつけておられるところが全く高いところで、付け方も甘く、とてもいい加減な付け方でした。

付け方をちゃんとしてみるとそれだけでも痛みが軽減しました。

腰椎と骨盤をカイロプラクティックで施術しました。5回の施術で痛みはなくなり、骨盤も安定しました。つわりのための調整も行ったので、食事もとれるようになり、体重が増えてきて喜ばれました。

サポーターも使い方を誤ったので効果が無いというケースでした。せっかくよい物を持っていてもちゃんと使えなければ、問題があります。生兵法はけがの元ですね。使い方をよく学んで使いたいですね。

まとめ

サポーターを使いたいと思われる方は血行おられると思います。しかし、漠然と使ったのではいいものであっても役に立ちません。自分がどんな理由で腰痛になっているのかをカイロプラクターに見てもらって知るべきです。そうすることによってもしかしたらサポーターを使わずに腰痛知らずになれるかも知れません。