あなたの腰痛、内臓からかも……カイロプラクティックにお任せ

内臓からの腰痛 腰痛特集

腰が痛むときに内の問題が原因であることが時々あります。
重篤な問題から軽症まで様々なものがあります。

しかし、内臓の問題が原因であるなら、危険もあるし、すぐにアクションをとる必要がある場合もあります。

時々、安易に考えて放っておく方もありますが、原因を取り除かない限り、悪くなることもあります。

すばやい対応をすることが必要なこともありますから注意が必要です。
そんなときに国際基準のカイロプラクティックであれば、危険サインを認めてふさわしいアクションをとるように勧めてくれます。

もちろん、病気でない機能が落ちている内臓からの問題で腰が痛むこともあります。
そんなときにカイロプラクティックは非常に効果的です。

腰痛が内臓から来る場合もあるんですか?

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

30万人の施術実績のある中塚カイロプラクティック研究所代表の私解説しましょう。

内臓の問題で腰が痛くなる?

内臓の問題で腰が痛くなることは時々あります。
重症のものでは、腫瘍転移などがあります。

結石で痛みが出る場合や腎臓や胃や腸や膵臓などの炎症動脈の問題で激しい痛みが出る場合もあります。

感染症などで痛みが出ることもあります。

実に多くの原因で腰に痛みが出ます。

腰が痛いから筋肉や関節の問題だろうと安易に考えることは禁物です

病気が原因でなるものもあるということを覚えておかなければなりません。
安易に考えて、放っておくとかマッサージや貼り薬、痛み止めを使うようなことは避けるべきです。

きちんと原因を確かめることが、回復には必要なことです。

ここで述べているような病気は、ある意味で危険な病気です。
病気が原因で腰痛が出る場合には、速やかに病院を受診するべきです

もし、特別問題がないといわれた場合には、問題がなかったわけではなく、検査したような問題が見つからなかったと考えられるべきでしょう。

内臓の問題で腰が痛くなる時に危険なのは?

内臓の問題で腰が痛くなると危険なサインを知っておく必要があります。
筋肉骨格系の問題、つまりいわゆる腰痛の場合には、姿勢によって楽な姿勢があります
そういう姿勢を探すことが出来るものです。

横になっていると楽というようなケースです。
どんな姿勢をしても、姿勢と無関係に痛みが続くような場合は筋肉骨格系の痛みでない可能性が強いです。

じっとしていても激しい痛みがあったりするものも危険です。
それ以外に、原因がわからない痛みも注意が必要です。

通常、変な体勢でものを取ろうとしたとか、くしゃみをしたとき痛みが出たなどきっかけがあるものです。

寝ていたのに痛みが出たなどきっかけがないようなときには内臓の病気があるかも知れません。

夜間痛があるというのもきっかけがない場合が多いです。

そういう痛みがある場合には、いち早く病院に行くことが大切です
一刻を争う場合もあるので、くれぐれも安易に考えられることがないようにと思います。

内臓の問題で腰に痛みが出る時になすべきこと

1)痛みが楽になる姿勢を見つけられない。

七転八倒するような激痛は筋肉骨格系の痛みではありません。

2)原因を考えられない。

通常は痛みが出るきっかけがあるはずです。
腰をそらしたときや、起き上がるとき、前屈みになったとき、腰をねじったときなどがあるものです。

3)深夜や早朝に起こっている。

通常痛みが夜間に起こることは少ないです。
夜勤で働いていたというような場合は別ですが、夜床にいて痛みが出るということはありません。

4)熱や吐き気がある。

通常筋骨格系の腰痛は熱や吐き気を伴いません。
感染症の疑いが高いです。

5)食事によって変化する。

食事によって変化するのは内臓の影響である場合が多く、筋肉骨格系の腰痛ではありません。

以上の質問に一つでも当てはまるものがあれば、病院を受診することをお勧めします。

内臓の問題でカイロプラクティックがいいのは?

先ほどの質問にどれも当てはまらない場合には、カイロプラクティックを試してみられるといいでしょう

病気でなく、内臓の機能が落ちているだけの場合には、検査でも陽性は出ませんから、わからないといわれます。

そういうケースは結構あります。

多くの場合、その臓器と関係のある脊柱の部位にも問題がある場合があります。
脊柱の機能異常(サブラクセーション)を改善することによって、その部位から出ている神経の流れを改善することが出来ます。

そうすると臓器の機能を助けることが出来ます。

カイロプラクターはサブラクセーションを改善する専門家です。

内臓の病気や感染症、腫瘍などの問題でない腰痛は、カイロプラクティックの得意とする分野です。

海外では腰痛の専門家といわれているほどです。

通常の西洋医学では意外と単純なモデルを使っています。
黒か白です。
病気かそうでないかです。

検査に引っかからなければ、健康。
検査に引っかかれば病気。
その間はありません。

カイロプラクティックは機能異常を考慮するので、たくさんの灰色を認めます。
この灰色の部分は検査に引っかからない部分です。

この検査に引っかからない部分はカイロプラクティックの検査で機能を見てみると異常を認めることがあります。

だから、病院で問題がないといわれた腰痛にカイロプラクティックが効果的なのです。

病院で異常が無いと言われたら、カイロプラクティックを考えたら良いんですね。

45歳営業男性Hさんのケース

Hさんは明るい営業マン。
ある月曜日の朝に予約が入って来院されました。
月曜の早朝に動いた途端痛みが出て、すごく痛んだために救急で病院を受診されました。

整形担当の先生がおられず、血液検査とレントゲンを撮って帰りました。
血液検査とレントゲンには異常はないとのことでした。
昼頃、中塚カイロに来院されました。

お話を伺うとそれほどたいしたことをされなかったのに痛みが出たようでした。
前日にポップコーンを食べながら映画を見ていたそうです。

腰の関節の動きには若干の問題はあるものの、そこまでの問題とは思えません。

お腹を見てみると小腸から大腸に移行する部分の働きが悪くなっているようでした。
その下にある大腰筋という筋肉が硬化して痛みを出していると分析しました。

腸の調整をして、大腰筋の調整をすると緊張がとれ、楽になられました。

前日のポップコーンがうまい具合に消化できていなかったことが原因だと考えられる症状でした。

生の野菜や果物は2週間ほど避け、食べるなら火を通して食べるようにお話しして次の日に来院されました。

痛みは収まっていて、調子はよいとおっしゃっていました。

病気ではないけれど、内臓の機能が落ちていて腰痛を出していた症例でした。
内臓が原因の腰痛もいろいろありますが、病気でないけれど病気の一歩手前の段階では、検査に陽性とは出ません。

しかし、機能が落ちているときにはカイロプラクティックが助けになる場合が非常に多くあります。

まとめ

内臓の病気で腰痛が出るものは、余りよいものではありません。
その見極めは難しいものです。

痛みが楽になる姿勢が見つけられなかったり、腰痛になるような理屈が考えつかない場合は、病院に行くべきでしょう。

その上で異常が見つけられない場合には、カイロプラクティックの出番です。
カイロプラクティックで機能異常を見つけて、体の機能を整えると腰痛もよくなっていくでしょう。

早くアプローチすればするほど、早く改善が見られるでしょう。