腰痛から足に痛みが出たら危険。カイロプラクティックを試そう

椎間板の問題 腰痛特集

腰痛を放っておいたら足にも痛みが出てきたといって来院される方は多くあります。でも、その意味をわかっている方は余りおられません。問題を抱えておられるということを深刻には考えられません。足に痛みが出て初めて真剣になったといわれる方がほとんどです。痛みが広がることは余りいいサインではありません。そんなことにならないように、今回は腰痛から足に痛みが出る場合について話してみたいと思います。

腰痛から足に痛みが出るのはどういう意味があるのでしょう?

 

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

30万人の施術実績のある中塚カイロプラクティック研究所代表の私が解説しましょう。

 

腰痛から足に痛みとは?

腰痛から足に痛みが出る場合の原因はいろいろありますが、主要なものでは椎間板からの痛みと骨盤の歪みによる足の筋肉の弱さです。もちろんまれにですが腫瘍などもある場合もありますから、簡単に考えることは危険です。どのようにしても痛みが変わらないというときには要注意です。

椎間板がダメージを受けて神経に圧迫を加えるような状態が出来ていると足に症状が出ると考えられています。しかし、このメカニズムもわかっているようで実はわかっていません。わからない理由は、症状が一貫しない、つまり体に出るサインが問題の神経レベルと一致しない場合が多くあるからです。だから、診断がつかないということがあるのです。

もう一つの骨盤の歪みは、現代の西洋医学では存在しない概念です。骨盤の歪みといえば、変形か脱臼を思い浮かべられます。しかし、ここでいっている骨盤の歪みというのはサブラクセーションという概念で、骨盤の配列の異常や動きが異常になっている場合をいいます。医学で考えるものよりももっと小さなものです。そのために今の医学では正常と考えられてしまいます。サブラクセーションの一つのサインの中に筋肉の働きが変わるというものがあります。これが足の筋肉の弱さを意味しています。サブラクセーションによって足の筋肉が力がはいらなくなっているとその筋肉を使おうとすると痛みが出ます。立っていると痛くなるなどというのはそのせいです。

腰痛から足に痛みの危険性

足の痛みもそのうちよくなると思っていました。

腰痛から足に痛みが出たといってこられる方はたくさんあります。こういう方がいわれるのは「そのうちよくなると思っていた」という言葉です。しかし、体が症状を出すのは意味があって出していて、無意味に出していることはありません。必ず意味があることなのです。体は私たちが思う以上に知的で、痛みを出すことによって私たちに問題を教えようとしてくれているのです。それを放っておいたということは、無視していたということ同じです。体も無視されれば怒ります。その結果として足にも問題が出るのです。腰痛が出るような状態があると機能が十分に出来なくなるので、それをかばっていると特定の場所に無理がかかります。無理がかかりすぎてかばうことが出来なくなってくると症状が広がっていきます。そうなってから何とかしようと思っても、すぐには改善しない場合もあるので、早めに対処することが必要です。症状が出たときにすぐ対応することが大切なのです。

腰痛から足に痛みがあるときの病院の処置

腰痛から足に痛みが出る場合に病院に行くとレントゲンを撮って痛みの原因を確認されます。実際に骨格の変化、例えば骨折や変形、脱臼などがなければ、特に問題があるとは考えられません。若い方だと外傷がなければ、そういう問題もないでしょうから、異常がありませんといわれる方も多いです。変形があったとすると痛み止め、筋肉の緊張が強ければ、筋の弛緩剤、注射、湿布などが処方されることでしょう。しかし、骨格の歪みが原因の場合にはこういう薬は効果が期待できません。そのために痛くてもそのままにされる方も多くあります。仕事に支障を来したり、夜眠れなくなったりする人もありますから、早い内に対処したいところです。

レントゲンでわからないんですね。

腰痛から足に痛みがあるときのカイロプラクティックの処置

痛みが足に広がる場合に多いのは、椎間板の問題や骨盤の歪みの場合です。カイロプラクティックでは椎間板の問題は特殊な台を使って、問題のある部位に牽引をします。関節は動かさなくては栄養が行くようになりません。そのために動かなくなると関節が老化して変形を起こしやすい状態が出来ます。牽引をすることにより問題のある部位に栄養が行くようになりますから、簡単ではありませんが、回復していきます。

骨盤の歪みの場合は、サブラクセーションの場合ですから、カイロプラクティックが最も効果があるものの一つです。サブラクセーションを取り除くことによって、関節の動きがよくなり、そのことにより神経の流れが回復します。神経の流れが回復すると筋肉のバランスがとれて、症状が改善します。薬ではサブラクセーションを改善することが出来ませんし、マッサージのような方法でも取り除くことが出来ません。直接関節に働きかけることが必要です。もちろん、ライフスタイルが関係している場合も多いですから、ライフスタイルについてよく知っているカイロプラクターにアドバイスを受けることはとても有益なことです。ライフスタイルに関するアドバイスを受けたり、姿勢の改善のアドバイスを受けて、それを実践すると腰痛自体になりにくい体になることが可能になります。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

サブラクセーションを取り除くことが重要です。ライフスタイルも考えると完璧ですね。

43歳契約社員女性Uさんのケース

Uさんは腰が最初痛かったけど、我慢していたらだんだん足に痛みが出るようになりました。我慢できなくなって病院に行くとレントゲンを撮られたが異常が見つかりませんでした。薬を出してもらったが変化はなかった。近くにあったストレッチをしてくれる場所にいったが、ストレッチしてもらった後余計に痛みが股関節に出た。そこで初めて来院されました。

立つと痛みが出るのと、夜寝ているとなんともいえない痛みが出て寝付けないといわれました。階段を降りるときが怖い感じで、一段づつ降りないといけないといわれました。階段を上がるときは大丈夫だといわれました。仕事は急に痛くなる前から忙しくなって、他の人が皆体調が悪く、契約社員の自分が一番忙しくなっていると話されました。しかも他の人のカバーもしないといけなくて、自分の仕事がいつも終わらないのでストレスがすごくたまっているといわれました。家族にも負担をかけているので、それも辛いと話されました。食事も帰宅が遅いので、遅く食べたり、抜いたりすることがあると話されました。

Uさんの骨盤が歪んでいて、足の後ろの筋肉に力が全く入りませんでした。膝の外側には痛みがあって、そこが特に痛みを感じる場所だと話されました。

カイロプラクティックの施術をすると足の力が入るようになり、足の痛みは半減しました。2回施術した後階段も痛みなく降りることが出来るようになりました。6回施術した段階で痛みはなくなり、腰痛なく、足の痛みも感じなくなりました。もっと早く来ればよかったと話されました。

食事を持っていて、晩ご飯をちゃんと食べるようにお勧めすると仕事がはかどるようになったと話されました。

腰痛と足の痛みが、骨盤の歪みが原因のケースでした。急に忙しくなって、体が変調を来していました。そのさなかにいるとどうしたらいいかも客観的にわからなくなります。誰かが客観的に判断することによって自分でわからない問題を改善することが可能になるのです。

まとめ

腰の痛みをそのままにしていて足の方に痛みが出る人は決して少なくありません。そんな時に薬ではなかなか対応することが出来ません。カイロプラクティックは自然に体の持っている治癒する力を働きやすくするために、問題を改善することが可能になります。長い間待っているのではなく、積極的に問題を改善していきましょう。