腰痛にテーピングよりカイロプラクティックが効果的で節約できる

腰痛とテーピング 腰痛特集

最近では様々なテープをアスリートが貼っているのを見かけるようになりました。

そのためにスポーツ用品店や薬局に行くと所狭しとテープが並んで販売されています。

このテーピング、果たして効果があるものなんでしょうか?

そういう疑問をお持ちの方も多いと思います。実はテーピングもいろいろあるので、すべてを同じように評価することは出来ません。個々にその効用について見る必要がありますが、限りがありますから、出来る範囲で書いてみたいと思います。

腰痛になぜテーピングするの?

テーピングには大きく分けると2つのタイプがあります。

  • 固定するタイプ
  • 筋肉をサポートするタイプ

固定するタイプは伝統的な伸縮の効かないテープです。捻挫や筋断裂などの時に動かないように圧迫、固定する目的で使います。動きが必要な所に応急処置で使ったり予防で使ったりします。これはかなり昔から使われているので、使い方がある程度定説になっています。

伸縮するタイプ関節可動域の制限固定圧迫などの目的で使います。筋肉をサポートする目的でも使われ、筋肉の保護や動作をサポートするという考えから使われています。これは伸縮性のないテーピングと比べると比較的新しいテーピングですから、貼り方もまだまだ進化中で、定説になっていません。貼る人ごとに違った貼り方をしているのが現実です。

腰痛に効果あるテーピングとは?

腰痛の痛みの種類や場所によっても本来は異なるテーピングが必要です。多くの場合に腰痛は関節の可動域を制限したり、筋肉のサポートのために必要です。ですから通常は伸縮性のあるテーピングがよく使われます。

一番重要な点は、腰痛が何で起こっているかを知っているということです。腰痛は関節の問題で起こる場合もあれば、筋肉のアンバランスで起こる場合もあれば、筋膜などから起こる場合もあります

原因をよくわかっていないのにテーピングをしても、けがをしている場所でないところにカットバンを貼っているようなものです。骨盤の安定を図って貼る必要があるのに、大腿の筋肉のサポートをするようなテーピングでは全く効果が無いでしょう。とりあえず貼っておけばどれかが役に立つだろうというのは、お互いが打ち消し合って全く効果の無いテーピングになることもあります。

ただ、専門家でもなかなか区別がつかなかったりするので、自分で判断してテープを貼ろうとするのは難しいでしょう。よくご存じでない方は簡単に学んで貼るのではなく、よく学んでから貼るようにされるべきでしょう。

どういう人から教えてもらうかは重要な点です。見よう見まねで学んだ方は多くの場合間違っています。よく学んだ人に見てもらうことが大切です。

腰痛にテーピングが害になることある?

腰痛とテーピング

どんなテーピングをしても害になることはないだろうと思っておられる方はよくあります。例えテーピングといえども害になることもあります。肌の弱い方はかぶれることもあります。汗をかくととりわけそうなりますから、スポーツをする人で肌の弱い人は注意する必要があります。張り続けないで、貼っている間を置くことが大切です。

故障をしたときに使うことが多いですから、安易な気持ちでテーピングをすることは避けなければなりません。外傷の場合には痛みが出たら、もっと重篤な問題だと考えてみることが大切です。捻挫であれば、骨折の可能性もあるのですから安易に考えてテーピングでその場をしのごうとすべきではありません。適切な医療機関で見てもらうことが大切です。また、痛みが出たのが理屈にかなわないようなとき、例えば寝ていたのに痛みが出たとか、何もしていないのに痛みが出たというようなときにはやはり安易な判断は危険です。

今まで来られた患者さんでも骨折に筋肉のサポート用のテーピングをしておられた方がありました。また、圧迫骨折をしておられたご年配の方がやはりテーピングをして見えたということもあります。外傷の時には痛みの大小にかかわらず注意が必要です。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

知識のない人が見よう見まね、独自の判断でテーピングをすると重篤な問題を見逃すことがあるので危険です。

腰痛にテーピングよりカイロプラクティックがよい理由

多くの場合、基本的に腰痛は姿勢習慣から来る場合が多いです。柔軟性がなくなり、神経のバランスが乱れ、筋肉のアンバランスが出来、痛みを出すようになります。その場合には固定したり、筋肉をサポートするテーピングよりも、関節の柔軟性をつけて、神経の流れを整え、筋肉のアンバランスを調整することによって体を整えることが早道です。そのためにカイロプラクティックは非常に大きな力を発揮します。

しかも、ライフスタイルや姿勢習慣についてのアドバイスを受けることにより、姿勢から来る腰痛になりにくい体を作ることが可能になります。姿勢習慣について何も知らずに関節だけを柔軟性をつけても、痛みが出るのは時間の問題です。カイロプラクターは姿勢の専門家です。適切なアドバイスはほかのどこでも受けられないものです。

テーピングはカイロプラクティックの調整やアドバイスを受けた後にとても役に立つものといえるでしょう。

41歳自営業男性のYさんのケース

腰痛になっていつも使っているテーピングで改善しようとしたYさん。原因はスポーツをして腰を痛めてテーピングをしようと思いました。普段からテーピングの心得があり、他の人にもしてあげていたYさん。自分で張ってみました。いろいろ張ってみましたが、余り楽になりませんでした。次の日にはもう少し多めに使って張りましたが、大きな変化がありませんでした。次の日からだんだんかぶれてあちこちが真っ赤になっていました。とってもかゆくて血がにじむようになってしまってYさんはテープを剥がしました。

友人に紹介を受けて来院されました。

Yさんはサッカーを熱心にしておられました。ジュニアのサッカーチームなどを見てあげていたのでテーピングはお手の物でした。テープでかぶれたあとはかなり広範にありました。かなり痛々しい状態でした。もともとアトピーがあって、皮膚が敏感だったので、今まではそれほどテープは使っておられなかったようですが、かなり痛かったので使おうとされたようです。

自分でどこが悪いのかよくわからなかったので、とにかく知っているテープングをみんなした」といわれました。筋力を検査してみると大腿の後方の筋肉が弱くなっていました。骨盤もそれに合わせた歪みがありました。残念だったのは、されたテーピングは、一番の問題に対応したものでなかったことです。たくさんのテーピングをされていましたが、どれも体の問題を補うようなものではありませんでした。

骨盤をカイロプラクティックで施術すると痛みはかなり楽になりました。また弱かった筋肉も改善しました。

5回ほどのカイロプラクティックで骨盤も筋肉も正常に戻り、元気な表情になられました。

テーピングが害になったケースでした。人にするのと自分でするのでも差がありますが、特に自分でする場合には自分の問題がどのような問題かを確認した上でテーピングを使いたいものです。よかれと思ったことが悪化につながらないために注意したいです。

まとめ

テーピングは上手に使えば価値がありますが、下手に使うと意味が無いばかりか害になることもあるということを覚えておいてほしいと思います。独りよがりのテーピングは危険なのです。国際基準のカイロプラクターは筋肉や骨格についてもしっかりした知識を持っています。ライフスタイルや姿勢についてのほかに、適切なテーピングについてのアドバイスをもらうことが出来るでしょう。