健康維持にカイロプラクティックを!

適応症

体調を崩す前に施術を!

健康を維持できるのに病気になりたいですか?
皆さんも、そして皆さんの大切な人も、病気になる前により健康な道を歩んでみませんか?
カイロプラクティックは、病気がまだ表面的に症状を現していなくても健康への助けとなるでしょう。

症状は、一番最後に表れるサインであるかもしれないということを忘れないでください。
痛みや不快感、高血圧、心臓や腎臓の問題などの不調は、体が数年間上手く働いていなかったことの結果かもしれません。
カイロプラクターはまず背骨の歪みを矯正し、将来起こるかもしれない体の不調に対し、体の機能を高めて予防しようとしています。
カイロプラクティックは理想的な健康維持のための施術です。

お孫さん達

カイロプラクターは、体調を崩して長い時間を過ごしてきた人々をよく診察します。
こういう場合、最初に施術が必要だったのは、何年も前になるわけですが、時間をさかのぼることはできません。
最初から問題を解決しておけば、もっと未然にいろいろな問題を避けるだけでなく、素晴らしい人生を送ることが出来るのです。

背骨の歪み

歪みがある不健康な背骨は、背骨周りの筋肉、靱帯、軟骨、椎間板、椎骨(背骨を形成する骨1つ1つのこと)、神経を衰弱させます。
これによって体にアンバランスが生じ、疲労感、エネルギーやバイタリティーの欠落、年齢不相応な加齢、弱々しさや病気への抵抗力の低下を引き起こします。

カイロプラクティックの背骨の施術

カイロプラクターが背骨のズレを矯正すると、体にかかるストレスが減り、病気に対する抵抗力が増し、体の機能が向上します。
皮膚の問題、アレルギー、喘息、首や腰の痛み、頭痛、不眠症、その他、体の不調がどんなものであれ、背骨の健康状態の改善は体全体の健康状態に反映されます。

長年の潜伏期間

はっきりした症状が出るまでに背骨の歪みが体をむしばんでいる場合があります。
神経が損傷を受け、エネルギーが低下し体にアンバランスが生じ、神経の出口となる背骨自体が変形してもはっきりした症状が出ないことがあります。
体の状態が悪化していることを示す最初の症状が現れるときには、健康状態は既にひどく損なわれていることがあります。
だから、カイロプラクターは、特に症状を感じていなくても定期的に背骨の検査受ける必要性を強調しているのです。
なぜひどくなるまで、背骨の検査を待つことがあるでしょうか?

歯科検診のように

カイロプラクティック医療は、歯の施術のようなものです。
小さな問題が大きくなる前に歯医者さんで診てもらって予防するように、カイロプラクターにチェックしてもらうのも同じ理由です。

背骨にかかるストレスが起こす初期のサイン

背骨の歪みが起こす初期の(軽い)サインにはどんなものがあるでしょうか?
背骨のバランスが崩れたときにあらわれる最初のサインのひとつは、エネルギーの低下や疲労感です。
その他のサインには、肩の高さが違う、歩くときに片方の足が開きがちになる、後ろを振り向くとき片側の方がやりやすい、片方の靴のすり減りが大きい、と言ったことがあげられます。
痛みは、もちろんですが、何かが悪い時のサインです。
しかし、これらの症状は歪みが起こってから、随分経った後に初めて起こることがあります。
臨床的には、交通事故や転んだ後にその症状が現れることがあります。
骨のズレは、抑鬱、注意力の低下、神経質、せっぱ詰まった感じといった感情的な変化を起こすこともあります。

心配しなくてもいつか消えるだろう!?

背骨の歪みからの問題はゆっくりとだんだん蓄積されます。
普段、仕事、学校、家庭での生活、友人や親戚のことを心配するのに忙しくて、自分の問題に関しては、心の中で「早く無くなってしまえばいいのに」と願いつつも忘れたり、無視したりしています。
通常、無くなってしまうのは、私達の体に対する感覚の敏感さなのです。
健康上の問題は大きくなっていくのですが、体からの「声」に耳を傾ける力は少しずつ忙しい生活の中に埋もれていきます。

充実した生活を送ること、そしてそのために背骨のコンディションを整え、脳からの命令が滞ることなく体の各部分に伝えられることが健康の秘訣です。
そして、これこそがカイロプラクターの目標なのです。