トレーニング

コラム

スポーツ障害と無縁のトレーニング

エアロビックトレーニングをしていくと、だんだん心拍数が低くても上がらなくなって来ます。強度を強くしてもエアロビックシステムが強すぎて、それに追いつかなくなってくるのです。そのときにするとよいトレーニングです。 ダウンヒルリピート エアロ...
コラム

アスリ−トがもっともおかしやすい10の過ち

今日は木曜日、あなたは日曜日のレ−ス準備は出来ていることでしょう。でもスタ−トラインに並ぶのに最後の詰めを誤ってないでしょうか?レ−スまでの数日の過ごし方がレ−スの成績にも、回復にも大きな違いを生むことになることもあります。時にはほんのわず...
コラム

スポーツ障害(ケミカル型)

あなたはほとんどの空き時間をトレ−ニングに費やしているでしょう。仕事、家庭生活、社会生活をジャグリングのように扱っているかもしれません。バイクに乗るのは寝るのと同じように当たり前かもしれません。しかし、朝は起きにくくなり、日中は疲れているか...
コラム

MAFテスト(Maximum Aerobic Function Test)

トレーニングによって同じ努力でもっとスピードが出せるようになることは可能です。これはトレーニングスピードだけでなくレースのペースも上がるようになります。 その際にハートレートモニターを利用してMAFテストを使い、客観的に能力を測ること...
コラム

スケジュールで成績アップ

特に大会への参加を望んでいるアスリートを含め、ほとんどのアスリートは、年間を通じてのトレーニング計画から大きな運動能力の向上を期待する事ができます。長期の目標や、一日一日のトレーニング計画がはっきりするばかりでなく、年間を通しての練習計画は...
コラム

ウォームアップとクーリングダウン —血流を穏やかにシフトさせることが鍵

ウォーミングアップをあまり重要視しない人は、アスリートの中に非常に多くみられます。 特に社会人アスリートたちは、ただでささえ限られた練習時間を有意義に使おうと、2〜3分軽くストレッチなどをするだけで、いきなり走り出してしまうケースがよくみ...
コラム

理想の運動時心拍数を導き出す『新180公式』

トレーニングで一番難しいのは、自分がどんなトレーニングをしているか自分で理解することです。 自分では軽いトレーニングと思っていても、風邪を引いているだけでハードなトレーニングになっていることもあるからです。 ハートレートモニターで適した...
コラム

エアロビックベースを作り上げる

多くの人が実はトレーニングによってスポーツ障害に苦しんでいると聞くと驚かれると思います。 スポーツ障害を起こさないために、私が日本に紹介したマフェトン理論の根幹を成すエアロビック(有酸素系)トレーニングについて、押さえておきましょう。 ...
コラム

トレーニングについて

中国には「長い旅も一歩から」ということわざがあります。 健康とフィットネスを向上させる第一歩とは、運動を定期的に行う時間をとることです。 トレーニングに対する情熱を保つ為に、以下に幾つかの提案をしてみましょう。 目標を設定しよう ...