顎の痛み

顎の痛み 適応症

顎関節

指をどちらかの耳の穴に入れて口を開けると、骨が動くのが分かるでしょう。
その時の動きは頭蓋骨とあごの骨が作っている、顎(がく)関節と呼ばれる関節で起こっています。
この関節では、あごの骨が頭蓋骨にぶら下がっています。
靱帯、軟骨、筋膜、関節円盤、筋肉、神経、そして血管が顎関節内とその周辺を取り巻いています。

顎関節症の症状

顎関節症は、関節が歪みのため、関節に負担がかかり、正常な機能が出来なくなることによって起こります。
顎関節症で最も頻繁に見られる症状は、口を大きく広げることが出来ないことや、口を動かしたときにカクッと音がなることです。
時々、あごが外れたように動かなくなってしまうことがあります。

その他にも、重度の頭痛、聴覚の低下、耳鳴り、喉の違和感、顔のむくみ、肩や頬や顎関節の痛み、首の痛み、顔面神経痛様の痛み、ものを飲み込むときの耳の中や耳の下の痛み、ものを飲み込むときの目の中や目の下の痛み、歯の痛み、偏頭痛、吐き気、視界のぼやけ、めまいなどの症状が出ます。

顎関節症の原因

顎関節症は外傷によって起こることがあります。
例えば、子供が転んでしりもちをつき骨盤のバランスを崩します。
それからしばらくして、体の適応反応として顎関節、頭、首を影響するようになります。

歯の矯正器具は、原因になることもあります。
姿勢や歯ぎしり、片方でかむ習慣など、様々な原因でなることがあります。

カイロプラクティック・アプローチ

背骨が柔軟であると、顎関節はきちんと機能します。
特に首の上の方や頭蓋骨に対するカイロプラクティック施術は、背骨と頭蓋骨に変な圧がかかることを改善します。
歯医者の椅子に口を開けて、首、頭、背骨を不自然な状態において長い時間座っていると、顎関節や背骨にダメージを与えます。
だから、歯医者さんに通っているときは、カイロプラクターのチェックも同時に受けることがお勧めします。

カイロプラクティックの背骨の矯正は、純粋に顎関節が原因と思われる症状にも効果をあらわします。
逆に、ずれている顎関節や頭蓋骨も背骨に大きなストレスを加えます。
患者さんによっては、歯科の施術によって背骨の矯正の効果が長く維持されるようになることもあります。