腰の骨が痛むときにカイロプラクティックが1番のチョイスに

腰の骨の痛み 腰痛特集

腰の骨が痛むという方が時々あります。
骨が痛むので、悪い病気ではないかと心配に思われる方もあります。
もちろん重篤な問題が隠されている場合もありますから、軽く考えるべきではありません。

しかし、多くの場合、非常に単純な問題であるにもかかわらず、原因がわからず苦労されるという方をよく見ます。

通常病院では、重篤な病気が隠れていないかを検査されます。
そうして腰の骨の痛みが重篤な問題でないと判断された場合には痛み止めが処方されます。

痛み止めが効果がある場合と効果が無い場合がありますが、骨の痛みの場合は効果が無いことが多いです。
そこでまた悩まれることになるのです。

腰の骨が痛むとき、それが重篤な問題ではないといわれたときににカイロプラクティックは非常に大きな助けになります。

骨が痛むのって怖いですね。なんか悪いもののように感じます。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

30万人の施術実績のある中塚カイロプラクティック研究所代表の私がご説明しましょう。

腰の骨が痛むのはなぜ?

腰の骨が痛むのは感染症、腫瘍、骨折、打撲など様々な原因があります。

炎症を起こしているために痛みが出たり、出血しているために痛みが出たりするものもあります。
一方で、サブラクセーションと呼ばれる、関節の配列の異常や関節の動きの異常がある場合も骨の痛みが出ます
これは、病院で見てもらって特に悪いところがありませんといわれるときに疑う問題です。

通常X線で画像診断されますが、形の変化を見ておられます。
骨折や脱臼、変形などがそれに当たります。

もちろん、腫瘍や炎症なども見ておられますが、異常がないといわれるときには「医師が探しているものがありません。」ということで、「健康です」といわれているわけではありません

何もないというわけではないのです。
サブラクセーションは、動きや配列の異常をいいますが、西洋医学ではそれを見ていませんから、小さな配列異常は異常なしと見立てられることもよくあります。

実際に、その部位を動かしてみると動きが制限されているということがよくあります。
そんなときにはカイロプラクターが重要な働きをすることが出来ます。
サブラクセーションはカイロプラクターの最も効果的に施術できる状態です。

病院で「異常が無い」と言われたら必ずしも「健康だ」と言われているわけではないのですね。

腰の骨が痛むとき気をつけたいこと?

外傷だったり、理屈で説明できない痛みがあるときは医療機関を訪れるべきでしょう
外傷は、その痛みが出る場所に何らかの力が加わったときです。
転んだとか、落ちたとかの場合は、痛みの程度にかかわらず病院を受診すべきです。

理屈で説明できない痛みとは、「寝ていて傷み始めた」、とか「なにもした覚えがない」というように、痛みが出るようなきっかけが思い当たらない場合です。

「じっとしていても痛む。」「痛みが楽になるポジションを見つけられない」「激痛が走る」というような場合にも医療機関の受診をお勧めします。

痛みが比較的軽いと軽く見られることもありますが、痛みの程度と重症の度合いは必ずしも一致しません。

腰の骨が痛むときすべきこと

腰の骨が痛むときには、それがどんな痛みなのかを考えてみることは大切です。
いつから始まったのか。経過はどうか。どんな痛みか。何をすると痛みが増すか。何をすると痛みが軽くなるか。過去に同じような痛みがあったことがあるか。これらの質問は問診で説明するときに大切な質問です。

痛みが和らぐポジションがあると思います。それは重要な鍵となります。そのことによって問題の状況を考えることが出来ます。サブラクセーションは多くの場合に特定のペインパターンという、痛みの出方があります。その痛みがどこにあるのかはとても重要な情報になるでしょう。

痛みとは別に、ストレスのレベルを考えてみることも重要です

精神的なストレス、構造的なストレス、化学的なストレスも重要な点です。
痛みのなかったときと比べて、3つのストレスで増えたものはないかということです。

構造的なストレスでは、椅子に長く座っている、運転が長い、しゃがんだ姿勢が長いなど特定の姿勢を長くとっているということが原因になることもあります。

新しい靴を履くようになったとか、太ってサイズが小さくなったとか、携帯を長い間使うようになったなどはよく問題になることです。

化学的ストレスでは、食事をちゃんと食べていないとか、食事をよく抜いているとか、ダイエットをしているとか、お酒の飲み過ぎとか、甘いものの食べ過ぎなどがあります。

そういうストレスが原因で骨の痛みが出ることも比較的によく見ることです。

ストレスも重要な要素なんですね。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

すべての症状は何らかのストレスに適応しようとした結果といってもよいでしょう。

腰の骨が痛むときカイロプラクティックを考える理由

感染症、腫瘍、骨折、打撲、腫瘍などがないと考えられて、病院でも特に異常がありませんといわれる場合にはカイロプラクティックを考えるべきです。

腰の骨に痛みが出て、その原因がわからないときには、サブラクセーションが原因になっていることがよくあります。

骨盤や腰椎の配列や機能が悪くなっているときには、サブラクセーションが原因であることが多いですが、カイロプラクター以外にそれを見つけることが出来ません。
そのようなトレーニングを受けていないからです。

同じX線の画像を見ても医師とカイロプラクターの所見が異なるというのはよくあることです。
医師は形態を確認し、カイロプラクターは形態から機能を推測するからです

神経学的検査、整形学的検査、カイロプラクティック検査、筋力検査など、そのほかにも様々な検査を使ってサブラクセーションを特定します。

機能が正常に出来なくなっているとき、効果的に処置が出来ます。
薬やマッサージ、電気などではサブラクセーションを取り除けません

だから腰の骨の痛みが出て重篤なものでないとわかったときに、カイロプラクティックが第1のチョイスになるのです。

腰の骨が痛むようになった23歳主婦Cさんのケース

23歳のCさんは結婚して、祖国を離れてご主人について来られた方です。
急にお尻の骨が痛くなって、座れなくなりました。
過去にも一度痛くなったことがありました。

そのときには程度も今回ほどではなく、無理をしないように大事にしていたら比較的短期間で楽になりました。

今回も楽になるかと思っていたのに、変わらないどころか、痛みがひどくなって、骨が変形しているのではないかと心配になり、来院されました。

お話を聞くと結婚して祖国を離れたので、生活習慣や結婚生活で大分無理をしてきたと言っておられます。

もともと大家族で、8人家族の長女で家事も若い頃から率先してやってきた頑張り屋さんです。

睡眠時間が少なく、余りのんびりすることがなかったといわれます。
食べ物も結婚前と違うので、少々戸惑いがあるようでした。

骨盤は非常に大きくズレていて、右は大腿四頭筋が弱く、左はハムストリングが弱くなっていました。
典型的な骨盤の問題でした。

骨盤を調整して、骨盤ベルトを使うことを勧めました。
また、睡眠時間を確保するように勧め、甘いものを控えるように勧めました。

2回ほど施術したときには痛みを感じなくなり、5回目の施術をするときにはすごく元気で、声のトーンも高くなり、明るくなられました。

腰の骨が痛んで、骨が変形しているように感じて来院されたケースでした。
骨盤に限らず、関節に痛みが出るときに、多くの方が変形があるように感じるといわれます。

関節ズレのために誇張して見えるのでそう感じられます。
もちろん変形しているわけではありません。

比較的軽いうちにカイロプラクティックのお世話になると早く楽になることが多いものです。

まとめ

腰の骨が痛くなることは時々あります。
多くの場合には重篤な症状ではありません。

外傷が原因だったり、理屈にかなわない痛みでなければ、カイロプラクティックが効果的であるサブラクセーションが原因のことが多くあるからです。

そんなときに薬や電気の機械で効果的に処置が出来ません。
そんなときこそカイロプラクティックを試してみられると根本的な解決になるかもしれません。