腰痛の改善を目指す人がカイロプラクティックを選ぶ理由

腰痛改善 腰痛特集

腰痛になると早くよくしたいと思われるのは人情です。腰痛に効果ありとするいろいろなものがあります。いろいろな健康グッズからサプリメント、様々な施術法まで幅広くあります。しかし、そういうものが一様に効果的というわけではありません。むしろ全く効果のないものもありますし、中には悪化させるようになるものもあります。ですから悩まれるようになるのです。痛みが出て、なかなか改善しないと精神的にもやんでくる場合もあり、早急に解決することが大切です。今回は腰痛の改善について書いてみたいと思います。

腰痛になってどうしたらよいか悩みます。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

30万人の施術実績のある中塚カイロプラクティック研究所代表の私が解説しましょう。

腰痛の改善?

腰痛の改善はどうしたら良いでしょう。痛みがなくなったらよいでしょうか。痛みがなくなったら良いと思われる方もたくさんあります。しかし、痛みは体の状態を余り正確には教えてくれません。例えば、腫瘍などは末期にならなければ痛みが出ないこともありますが、痛みが出ないからといってよいわけではないです。ですから、痛み止めに頼って痛みを感じなければよいと思っていると後々痛い目に遭います。根本が変わっていなければ、一時的に痛みを隠してもまた出てくるからです。そういう意味では原因になっていることがどういうことなのかを理解していないと結局意味の無いことを努力するようなことにもなりかねません。そして原因を取り除いて初めて腰痛の改善が図れるのです。原因を特定することが鍵といえるでしょう。

腰痛の改善に必要なこと

腰痛の改善を目指そうとすると腰痛の大きな原因を知ることが必要です。多くの腰痛は姿勢から来ています。ですから、自分の姿勢がどのようになっているかを知ることは極めて大切なことです。どの関節が動かなくなっているか、どの筋肉が働いていないかなども重要な要素です。それがわかったら、どんな姿勢習慣が自分の姿勢を作り上げているかを検討することが必要です。

付け加えてライフスタイルを考えてみることは極めて重要です。腰痛は、不良姿勢過労寝不足ストレス食事などが原因になります。つまり腰痛は改善しても、ライフスタイルが変化無ければ、すぐにまた症状が戻ってきます。

柔軟性を回復することも同時に大切です。柔軟性は施術でもある程度回復が可能ですが、それ以外の時間が重要です。ですから、施術を受けるだけでなく、ご自分も柔軟性を回復するための努力が必要になります。施術とご自分の努力があれば、加速度的に改善していくことでしょう。

他力本願だけではだめなんですね。

腰痛の改善で危険なこと

痛みがなくなれば、腰痛は改善したと考えておられる方は極めて危険です。痛み止めは、多くの場合に効果がありませんが、それでも念のためと思って使われる方は多くあります。しかし、内臓に影響があったり、何より関節の軟骨再生の邪魔をすることになってしまうことが問題です。痛みを押さえるために関節を犠牲にするようなものです。もう一つは痛みがなくなったと思うと元の生活をされることです。姿勢習慣や寝不足、過労など腰痛の原因の一つがまた戻ってくれば簡単に腰痛が復活します。いったん姿勢習慣を改善する決意をしたら、改善した後でも続けられることが大切です。そのことによって、体が良い状態を保つことが出来るようになります。

残念ながら、痛みを取れば良いと考えておられる医療関係者は非常に多いです。ですから、「薬を出しておきますから様子を見てください」といわれるのです。ほかの施術でもそういう施術が多いです。何が原因かを説明したり、アドバイスしてくれる人は極めて少ないのです。

痛みは早い内に改善しないと精神的にも病んできます。よいことを考えなくなるからです。行動もネガティブになり、いろいろなことが億劫になります。そうなると転がるように精神的な問題が出ます。早い内に改善することがとても重要になるのです。

痛みが無くなったと言っても良いわけでは無いですね。

腰痛の改善でカイロプラクティックの重要性

腰痛の改善を目指そうとされるときに、最適なのはカイロプラクティックです。カイロプラクターは姿勢の専門家です。どういう姿勢が問題を作るかということをよく理解しています。また、関節の配列異常、関節の動きの異常であるサブラクセーションを取り除く専門家です。それが出来るのはカイロプラクターだけなのです。薬やマッサージなどでは全く変化をつけることが出来ません。

姿勢習慣やライフスタイルについても深い知識を持っていますから、体から問題になっている習慣やライフスタイルを分析し、指摘して、改善する方法をアドバイスしてくれるでしょう。

単に施術して終わり的な方法では腰痛の改善は難しいでしょう。どうすれば同じような問題を防ぐことが出来るか、予防するにはどういうことが大切かを教えてもらう必要があります。予防のための方策をともに考えることは重要なステップです。そしてカイロプラクターと患者さんが互いに努力するときに腰痛になりにくい体を手に入れることが出来るようになるのです。そういう意味でカイロプラクターは腰痛になって改善を考えるときに最善のチョイスになります。

50歳内装工事自営業Kさんのケース

Kさんはもともと度々腰の痛みがありました。1ヶ月前から症状がひどくなりました。それから3日間夜の仕事があってとても寒く疲れたといわれます。それから余計に腰も痛くなって、足にも痛みが出るようになりました。整体に行ってみたがよくならなりませんでした。病院に行くとレントゲンを撮られて脊柱管が狭窄を起こしているといわれました。痛み止めを出されたが効きませんでした。鍼にも行かれても効きませんでした。そこで来院されました。

歩くと足の痛みがあり、引きずるようにしないと歩くことが出来ません。寝るときもまっすぐにはねることが出来ず、平たい表面だと右の腰が圧迫されるようだといわれました。座っていると腰からお尻が痛くなり、丸くなると少し楽になるといわれました。

睡眠時間は5時間。長く寝ると頭が痛くなるといわれました。テレビを見たりするときには座椅子を使ってみられるので、ヘソが天井を向くような姿勢になっているといわれます。

仕事も結構忙しく、いつもいろいろな調整でストレスがかかるといわれました。

腰は腰椎の前弯がなくなり、後弯気味になっていました。また、右の脊柱起立筋は固く緊張していました。大腿の前面、後面の筋肉が弱くなっていて、腰椎の歪み、骨盤の歪み、膝関節の歪みがありました。

カイロプラクティックの施術で歪みを取り除き、筋肉のバランスを取りました。姿勢をアドバイスして、睡眠を確保するように勧めました。座椅子の使用はやめるようにアドバイスしました。施術後希望が持てたとうれしそうな顔をされました。

腰痛が始まって、なんとかしたいと思うもののどこに行ってもよくならずにお困りだったケースでした。改善したくても方法がわからないというのは大変なことですね。同じように歪みを改善させる整体でも分析する施術でないために適切な方法が見つからなかったと思います。適切な分析やアドバイスが大切だと感じるケースでした。

まとめ

腰痛の改善を目指していろいろなことを皆さんが試みられます。重要なのは痛みを単に抑えるのではなく、本当の原因を取り除き、自分の問題を知ることです。カイロプラクターは腰痛に最適の施術家です。カイロプラクターと一緒に自分の生活を振り返り、自分の体を分析してもらい、問題を乗り越えるように努力されるときに最高の自分を手に入れることが出来るようになることでしょう。