腰痛で神経が問題だと思ったらするべきこと

神経と腰痛 腰痛特集

電気が走るような痛みが走る腰痛。この腰痛になって怖くていろいろなことが出来なくなる人があります。自分の腰に自信がなくなったという場合です。そんな時に患者さんは神経がどうにかなったと考えられるでしょう。そこで考えられるのは医療機関で見てもらうことです。レントゲンで見てもらえば、きっと原因がわかると思われます。でも、多くの場合に「特に異常がありません」といわれる方がほとんどです。痛み止めをもらって帰られるというのがよくあるパターンです。あんな神経を突き刺すような痛みが出るのに問題が無いなんてと考えられても無理はないでしょう。何か神経の問題に違いないと考えられるのですが、どうして良いかわからず、そのままにしておられるという方は意外に多くあります。そんな方のために今回は書いてみたいと思います。

神経が問題だと思うときに困ります。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

30万人の施術実績のある中塚カイロプラクティック研究所代表の私が解説しましょう。

腰痛で神経が問題だと思うとき

腰痛で神経が問題だと思われるときは、シャープな痛みが出る時が多いです。そういう人は加速度的に増えています。文明が進んだためといわれる人もあります。現代の医学検査が、外形上の変化を見ているためにわからない腰痛が多くあります。中には心因性の腰痛と診断される方もよく見かけます。検査に出てこないので、心の問題だと考えられる訳です。現代の医学ではレントゲンが頼りというところがあります。そしてその結果は薬か手術なのです。これまた痛みを抑えようとするもの、外形上の変化を元に戻そうとするものです。腰椎が歪んで写っていても、現状認識で終わり、なぜそれが起こっているのかと考えられることはありません。原因がわからないのに処置をしても満足に改善するわけもありません。

腰痛で神経が痛みを出す原因

神経が皮膚、筋肉、関節、内臓などに神経支配を送っていますから、神経の流れが滞るといろいろな影響が出るようになります。神経の内に感覚を支配している部分と運動を支配している部分とあります。神経のどの部分が問題を起こしているかで、痛みだったり、動きだったりが出来なくなります。そのために通常のことが出来なくなってしまいます。ですから神経の流れを整えるということが必要になります。医療機関ではそういう場合にビタミン剤がでます。痛みがある場合には痛み止めが出ます。なぜ神経の流れが滞っているかという点を解決しなければ、一時的に痛みや不調を助けたとしても、薬を取らなくなったら問題がそこにあるわけで、解決になりません。実は神経の流れを滞るようにしているのはサブラクセーションという関節の機能異常です。神経は絶えず、体のいろいろなところを使って信号を送って体の動きを調整しています。関節が機能異常を起こすと動きに問題が出ます。その問題が神経を過剰に刺激したり、逆に抑制に働いたりするようになります。そうすると本来リラックスしている筋肉が緊張したり、緊張すべきところが緊張しなかったりするために、特定の動きが出来なくなります。それを無理してしようとすると痛めることになったり、負担がかかりすぎて問題が起こるようになるのです。

腰痛で神経が痛むときの危険性

痛みが何の原因で出ているかわからない場合には、多くの方が不安になります。自分の腰に自信がなくなります。何しろ、地雷を抱えているようなもので、いつ爆発するかわからないという不安がつきまとうことになります。すると今までなら喜んでしていたことも余りしたくなくなります。そのためにいろいろなことに対して消極的になります。さらにそういうことが続くと動くことが少なくなってくるので、関節に栄養が行かなくなってますます柔軟性もなくなっていきます。痛みの出る間隔が狭くなります。その結果として余り良いことを考えることが出来なくなります。夜もなかなか眠れなくなり、すっかり鬱のような症状になるようになります。

痛み止めや安定剤などの薬をもらうようになると、副作用などにも悩まれるようになってしまうのです。痛み止めは関節の再生を邪魔するので、痛みと引き換えに改善を捨てることになってしまいます。

痛みは長く続けていると脳の萎縮が起こるという研究あるほどです。痛みによって通常の加齢変性の15年分くらいが起こるということですから、早い内に痛みをカバーするのではなく、原因を解決することが大切です。

痛みで脳が萎縮するという研究があるんですね。

腰痛で神経が痛む時すべきこと

腰痛で神経が痛んでいると考えるときに重要なのは、何が原因かを探ることです。原因は、1)過労、2)寝不足、3)ストレス、4)姿勢、5)食事で有ることが多いのです。腰痛になったときに、よく考えてみるとこのどれも当てはまるという方も多くあります。もちろん1つという方もあるでしょう。このような状況を改善することが必要です。過労とは、休息がなく仕事をし続けたり、長時間が労働が続いたりすることです。しかし、休みの度にサーフィンにいっているというようなときにも、楽しいことをしていても体を酷使していることになります。寝不足は、睡眠時間を削っているような場合です。運動不足だから朝早く起きてジョギングをしようと思われるときには寝る時間が少なくなります。運動や仕事をする場合には十分な回復する時間が必要になります。ストレスは締め切りがあるとか、いろいろなことを引き受けすぎているとか、遊びが過ぎるというような場合も当てはまります。姿勢は、偏った姿勢をする習慣がつくと柔軟性がなくなり、痛みが出やすい体になります。食事は、脂肪の取り方が偏っている、例えば、魚の脂を取っていない場合です。バランスが崩れると痛みが出るようになります。甘いものの食べ過ぎや食事を抜いたりするのも痛みが出る原因になります。このようなことを改善してやることが腰痛を克服するのに非常に大切です。

腰痛で神経が問題だと思うときにカイロプラクティックは何が出来る

腰痛で問題になるのはサブラクセーションですが、サブラクセーションは薬やマッサージで改善することができないのです。サブラクセーションを取り除くためにはカイロプラクティックのアジャストメントという技術を使う必要があります。これは専門的に教育を受けていないと出来るようになりませんし、テクニックだけ学んでも、カイロプラクティック理論を知らなければ効果的に取り除くことが出来ません。また、取り除いた後ライフスタイルや姿勢習慣を改善しなければすぐにまた戻ってきます。国際基準のカイロプラクターはライフスタイルや姿勢習慣に対してとても深い知識を持っています。ですからアドバイスをもらって、それを実践することによって腰痛になりにくい体を手に入れることが出来るようになるのです。腰痛で神経が問題だと思うときに一番最初に相談するべきなのは国際基準のカイロプラクターといえるのです。

48才会社役員男性Sさんのケース

Sさんは仕事が忙しく、なかなか休息がとれませんでした。現場も管理も両方しておられるので、人の倍働いておられました。ふと体をひねった瞬間から、お尻から足にかけて痛みが出るようになりました。病院に行ったら手術といわれたので、怖いので整体に行かれました。全く変わりませんでした。鍼にもいったが変わりませんでした。そこで遠かったけれど来院されました。

体はねじれていて、体はうつ伏せになると腰が右側が高くなるほどでした。腰の筋肉はガチガチになっていました。仕事でとても無理をされたのがよくわかる感じです。

右の背筋もかなり強い緊張がありましたが、これは荷物を運ばれる姿勢が体をねじっているからだと話されました。

歩くと足を引きずるようにしないと歩くことが出来ず、座っているとお尻が当たる部分が痛むといわれました。体を丸くすると痛みが楽になると言われます。

休みは1ヶ月くらい取っていないといわれます。睡眠も長く寝ると朝起きたときに痛くなるから5時間ほどしか寝ておられません。食事は夜が遅く、寝る前に食べるようになっているし、朝はコーヒーだけといわれました。

骨盤には歪みが出来ていて、そのために大腿の後方の筋が全く力が入りませんでした。その筋肉に力を入れなければならなくなると電気が走るような痛みになりました。

カイロプラクティックの施術で骨盤の歪みを取り除き、筋肉のバランスをとりました。体の柔軟性を取り戻すような体操をお教えしました。睡眠をしっかりとること、晩ご飯をもっと早く摂ること、朝食を摂ること、栄養のバランスをとること、姿勢の注意をアドバイスしました。

3週間で痛みは無くなり、夜も長く寝ても朝が楽になりました。まだ、時間が経つと痛みが出てきたので、続けて施術を受けられ、1ヶ月半で痛みのない生活が出来るようになりました。

 

まとめ

電気が走るような痛みが出ることがあると心配になります。もちろん重篤な問題がある場合もありますから注意する必要がありますが、問題を見つけて解決することが、腰痛の根本からの改善になります。そんな時にカイロプラクターは非常に大きな力になります。あなたの問題を見つけるためにカイロプラクターに検査をしてみてもらわれたらいかがでしょうか。