肩こり原因の多くは猫背!猫背から頭痛になったらカイロプラクティックを試そう

猫背からくる頭痛 肩こり特集

肩こりは日本人の国民病といっても言い過ぎではないでしょう。お店に行けば、たくさんの肩こり解消グッズも売っています。それだけ売っているということは皆さんがお悩みなのだということです。肩こりもどうしてそうなるかを知らなければ、改善は出来ないでしょう。若いときには肩こりも改善しやすいものです。肩こりほど他力本願が効かないものはありません。自分がなぜ肩こりになっているのか、どうすれば改善するのかをシリコとはとても大切なことです。そういう意味で肩こりやそれによる頭痛について書いてみたいと思います。

肩こりで頭痛に?

肩こりがひどくなって頭痛になる人は、結構多くおられます。

肩こりは多くの場合、猫背が原因です。猫背になっておられる方は間違いなく運動不足になっておられることでしょう。

もし今、床の上に枕を使わず大の字になって眠ることが出来ない人は大概ねこぜが習慣になっています。

頭は体重の10%もあるといわれるぐらい重いので、肩の上でなく肩の前に頭があると首の後の筋肉が頭を支えるために緊張します。頭が肩の上にある位置であれば首の筋肉は緊張しません。長い間頭を前の方に突き出していると自然に頭を起こそうとするのですが、このとき二つに分かれます

  1. 背筋を伸ばして頭を起こす。
  2. 背筋を丸めたまま頭を起こす。

1)では正しい姿勢になりますが、2)では猫背が癖になって、体の柔軟性がなくなります。それと同時に首の関節も動きが悪くなるので背中の筋肉や胸の筋肉まで柔軟性を失うようになります。そうなると血行が悪くなります。そのため首の後からこめかみ、額にかけて締め付けられるような頭痛が起きるようになります。首の後の筋肉はとても固くなっているでしょう。

肩こりで頭痛になる時の危険

多くの人が頭痛になると痛み止めを使用されるでしょう。なんとか痛みを抑えたいと考えられるからです。

しかし、この痛み止めは原因を取り除いてくれるわけではありません。痛みを感じなくしているのです。

問題は痛みをごまかしている内に首背中の猫背が体型になって柔軟性が全くなくなってしまうことです。柔軟性のない筋肉ならマッサージや筋肉の弛緩剤で筋肉を緩めれば良いと考える人もあります。しかし、元々猫背が原因で筋肉が柔軟性をなくしているのです。重い首を背中や首の筋肉が支えているからです。それなのに猫背を改善せずに筋肉緩めれば、重い頭は同じ位置にあるのですぐに緊張してしまうでしょう。だからいくら頑張っても肩こりも頭痛もなくならないのです。しかも、ねこぜが体型になってしまうと簡単に改善することが出来なくなってしまうのです。体型になるとは変えようと思っても変えられなくなるということです。

さらに頭痛は、重篤な問題が原因でなることもあるので、不安になったり、心配したりして精神的な問題が出ることもあるのです。本当は単純な理由なのに重篤な問題を心配することがないように、原因を早く知りたいものです。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

肩こりからくる頭痛の原因の大半は「猫背」にあります。習慣化した姿勢は自分で正すことはとても難しいです。

肩こりから頭痛になると困ること

肩こりから頭痛になると困ることがあります。

痛み止めは最も使われる薬ですが、消炎鎮痛剤です。

一般的に皆さんがお世話になったことのある薬で、割と気軽に服用されると思います。この消炎鎮痛剤は例え市販の物であっても、安全な薬というわけではありません。胃腸の不調や腎臓や肝臓の不調を生むことがよくあります。だから大抵胃薬と一緒に処方されます。

さらに、この薬は関節の軟骨を再生させる細胞の働きを抑制させる働きがあります。関節の柔軟性がほしいと思っているところで、柔軟性がなくなるように働き、変形を早めるのです。根本を改善するどころか悪化させることになるのです。

安易に薬に頼って症状を緩和してごまかそうとするのは危険なことなのです。

中塚カイロプラクター
中塚カイロプラクター

猫背姿勢を変えることがなければ、決して頭痛からも肩こりからも解放されないということを知っておいてほしいと思います。それだけ猫背は危険な姿勢なのです。

猫背から頭痛になる時にカイロプラクティックがいい?

カイロプラクティックは猫背の改善に大きな力を発揮します。

動かなくなった背中の骨の柔軟性を取り戻す施術は独特のものです。関節の動きがなくなっていると自分で猫背を何とかしようと思っても、改善することが出来ません。すぐに元に戻ってしまいます。関節の配列異常、関節の動きの異常であるサブラクセーションを取り除くのは他の人では出来ないのです。

それと同時に普段猫背を作らない姿勢習慣がとても大事だとお話ししてきました。枕は低めの枕で、無くてもすむぐらいの背中の柔軟性が欲しいものです。猫背を作らない姿勢習慣をアドバイスしてもらうことや柔軟性を取り戻すための体操を含めて、カイロプラクターのアドバイスは非常に重要です。

高齢になればなるほど猫背は改善しにくくなります。若い内からカイロプラクターに見てもらうことにより、板の上でも平気で仰向けで寝られる様な柔軟性のある姿勢を心がけられるようにしたいものです。

29歳会社員女性のKさんのケース

Kさんは慢性の肩こりがありました。仕事柄コンピューターに向かっている時間が長いといわれます。最近頭痛が出るようになって、なんとかしなければと思って、DVDでヨガを始めました。やり始めてすぐ肩の痛みが走り、肩を動かせなくなったそうです。このままではいけないと思って来院されました。頭痛は首の後ろから、こめかみ、額にかけて両側に締め付けられるような頭痛が出るといわれました。

仕事はものすごく忙しいわけではないのですが、ずっと座ったままで動かないといわれます。座るときには余り深く腰掛けないので、いつも猫背になっていて、両肩が内側に巻き込んでいるような状態でした。首もカーブがなくなっていました。首の動きは回旋と側屈、伸展に制限があり、痛みがありました。背中も柔軟性がなくなり、とてもヨガが出来る体ではありませんでした。頸部の筋肉もコリが強く、カチカチでした。

寝るときには高い枕だと気持ちよく眠れるといわれます。ベッドは柔らかくないと寝にくいので、低反発のマットレスを使っているといわれました。

テレビを見るときにはビーズクッションで見ていてかなり猫背になってみておられるようでした。「一度クッションに座るともう動けない。怠け者になります。」といわれました。

カイロプラクティックで施術すると同時に、猫背を矯正する体操をお教えしました。頭痛は辛いので、首の後ろの筋肉を引き延ばすような体操をお教えしました。

1ヶ月もすると両肩が後に下がるようになり、首のカーブも回復しました。猫背も改善しました。「関係ないと思っていたお腹のぽっこりもなくなってうれしい」と話されました。

Kさんのような問題の時に、なぜそうなっているかの意味を知らないで施術を受けることは意味がありません。高枕や座る習慣で猫背が出来ているということを知らないではいつまで経っても改善しません。施術の陰で一生懸命猫背を作る努力をしているようなものですから。カイロプラクティックと猫背対策がこの場合鍵となるでしょう。

まとめ

猫背を改善することが肩こりや肩こりからくる頭痛にはとても大切だとお分かりになったと思います。カイロプラクティックとライフスタイルを変えることによってあなたも肩こり知らず、頭痛知らずの生活を手に入れてみませんか。